『悪魔に赦しを乞え』


by yakumoMkII
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

不安と楽しみが入り混じってよく解らんことになって眠れん!!
これがタイに行く前日の心境であった

今から遡る事何ヶ月前だったっけな?忘れちゃった
とにかく俺とタカシーノとタグッツォという
難民の中でも特にゲイ濃度の高いメンツでタイへと行って来た

俺は買い物!タカシーノも買い物!つーかタカシーノの場合は買い者?
タグッツォは・・・・・タグッツォは何だろうなあ、現実逃避か?

三者三様の思惑を乗せて本来なら楽しいはずの旅行なのだが今回は大きな不安がある

それはタイの治安がアホみたいに悪化していたのだ

記憶に新しいと思うが日本人ジャーナリストが撃ち殺されたという事件を
ニュースで報道したのは俺らがタイに行く1週間前とかだったんじゃないかな

連日連夜タイでのやばい模様がメディアを介してテレビで垂れ流しされてたしね

美容院で髪切ってもらったねーちゃんに

「来週タイに行くんすよ!」って言ったら

「絶対にやめたほうがいいです!!」ってすんげー心配されたくらいやばい状況でした

まあそれでも行くって決めたからには行かんとね
メンツ的にもいつ死んでもおかしくなさそうな方たちだし

そんで当日、俺はタカシーノの家に朝6時で待ち合わせしたのだが
前述の理由から全く眠れなかったので5時半ころに着いてしまった

呼び鈴を鳴らすとやつれた顔のタカシーノが出てきた

タカ「あ・・・・どうも・・・・。」

八雲「おいおい、ずいぶんと元気無いじゃあないですかビビってんですか?」

タカ「当たり前じゃあないですか!!こんな状況でビビらないやつのがおかしいですよ!!」

八雲「確かに俺も不安はあるけど、まあいいじゃあないですか死んだら死んだで」

タカ「俺はあんたのような引きこもりと違って色んな旅を経験してきたからこそ解ります
   今回はマジでやばいです!!」

八雲「え?マジで!?マジでそんなやばいっぽいの?」

タカ「そうですよ!死ぬなら勝手に一人で死んでください!!」

このやり取りには驚いたねー
タカシーノといえば旅の達人で今回の精神的支柱と言っても良い人物ですぜ
それがのっけからこのネガティブな感じ・・・
しかもさりげなくこの俺をディスってるのがムカツク!!

とりあえずシャワーを浴びるからその間
お湯を沸かしてるんで沸騰したら止めておけとの捨て台詞を吐いて
タカシーノは風呂場へと向かった

手持ち無沙汰になった俺は目の前にあったデスノートを読み始める・・・

やべー、デスノート結構おもしれー!!

タカ「おい!!テメーなにやってるんだ!!」

シャワーを浴び終わったタカシーノがフルチンでそう叫ぶので何事かと思ったら
沸騰しすぎてチンチンになったヤカンの火を止めてました

タカ「あれだけ沸騰したら止めとけって言ったのに・・・・」

八雲「あ、ごめん。デスノートが思ったより面白すぎてさ」

タカ「そんな・・・・ひどい・・・。」

まあ朝っぱらから最悪でしたよ
それでもタグッツォと新宿で待ち合わせしてるんで
この俺を罵倒した年下の男と一緒に向かわなければなりませぬ

ただ、タグッツォのほうもこれはこれで困ったかたなんですよね
どんなに大事な用事でも絶対に時間通りに来ない

それがあまりにも酷すぎるんでタグッツォタイムってのを設けて
タグッツォにだけ待ち合わせの30分から1時間早い時間を教えていたのだが
それでも皆より遅れるって人なんで
ちゃんと待ち合わせ場所にいるかが不安だったんですが大丈夫でした

つーか、さっきまで仕事をしてたみたいです
タイにもノートPCを持ち込んで仕事をするみたいです

無事3人で成田行きのバスに乗り込んで
「どうなんだろうねえ、やばいのかねえ」なんて話をしていたのですが
タグッツォはあまり動じてない様子でした
さすがタグッツォですね。ここまでくるとただのバカじゃありません!
もう誇ってもいいくらいのバカです!!良い意味でね

タイでもバカみたいに仕事に励んでください!!良い意味でね

移動時間が2時間くらいあるし
前日ほとんど寝ていなかったためバスの中で睡眠をとっていると急に起こされて

「それでは今から成田空港に入るので身分証の提示をお願いしまーす」

なんてのたまいやがる

はあ?身分証?そんなもんねーよ!唯一の身分証であるパスポートは
荷物と一緒に預けちまったよ!!

いきなりそんなこと言われたって準備が出来るわけ・・・・って
自分以外はつつがなく身分証を提示しとるがな

ちょっと焦ったんでタカシーノに

「あれ?前回もこんなんあったっけ?」って聞いたら

「ありましたよ」って肥溜めのウジ虫でもみるかのような目で答えてくれました

どうやら身分証が無かったのはそのバスの中で僕だけだったみたいで
レンタルビデオ屋で入会するときに書かされるような用紙に
個人情報を強制的に書かされたのですが

あまりにも腹が立ったので

「前きたときこんなんあったっけなー!!
 前きたときこんなんあったっけなー!!」って大声で連呼しながら書いてたら

隣に座っていたオバちゃんが憐れむような苦笑いをして
斜め後ろに座っていたネーちゃんは人殺しのような目で俺を見てました
朝っぱらからまた恥かかされたわ!!

とりあえず空港についたんで出立の手続きをしたんですが
このご時勢でもタイに行く人ってのはそれなりにいるんですなあ

相変わらず表情の強張っているタカシーノを安心させてやろうと
タイ行きの飛行機の搭乗口へ向かっている人たちを指し

「ほらごらん、タカシーノ
 群集心理というわけではないが
 僕たち以外にもタイへと赴く人たちがこんなにいると思うと
 なぜか安心しないかい?」

そう優しく諭してあげたら

「バッカじゃねーの!!」って言いやがりました

ああそうかよ!!てめーの不安感を和らげてやろうと思ったのになんだその態度はよ!!
さすが己の力のみで外資にのし上がった方は違いますね!!
高卒に対してはたとえ年上でも容赦ないですね!!
いっつもそう!!俺の意見ってのは誰も聞き入れやしない!!
なんでそんなに人をバカにできるの!?あなたたち人の血が通っているの?

もういい!!もうわかった!!
これから俺がしたり顔で意見や助言とか言ってたら

「私はあなたのことを心の底からバカにしきっているのでその意見は受け入れられません」

そう答えればいいがな!!ああ、もうこれからはそうしよう!そうしたほうがいい!!

なんか当日はやはりタイの治安の悪化のことばかり気にしていたが
こうやって冷静に思いかえすとすげーバカにされまくってたなあ
俺の心のが悪化してたんじゃねーの?まあ②へ続く
[PR]
by yakumoMkII | 2010-07-19 20:06 | 難民
本日、横浜に引越してしまい最近全くといっていいほど会っていない友達から電話があった
どうやら今、所用で板橋の実家に来てるらしく
しばらくぶりにちょっと会おうぜという内容だった

はっきりいってそいつと会うのは4~5年ぶりくらいだ
久しぶりの再会に胸を躍らせる・・・・なんてことはない

俺の目的はたったひとつだぜ、たったひとつのシンプルな答えだ

お耽美になった俺をとくとその両眼に焼き付けろ!!

アイアムヤクモ!俺だけ見てればいいんだオラエーッ!!

正直、4~5年前の俺はそこまでファッションに興味を示さなかった
だが今の俺は違う!!さあ俺のこのお耽美な姿を見て驚愕するがいい!!
少なからずそんな思いがございました

そんで家にあるもんでお耽美さを確実にアピールできるアイテムといえば

「ドルチェ&ガッバーナの白シャツ」

「ニールバレットの黒シャツ」

この2点のどちらかだろう。さてどちらを着こなしてみせようか・・・・

そういや話は違うが前にタカシーノとバシッコ両者と出かけたときに

「上記2点のどちらかを着てこようか迷いましたよー」なんて言ったら

「なんでそんなの買える金持ってるんすか?
 なんか悪いことでもしてるんじゃねーすか?」

という答えが返ってきましたよ。タカシーノにいたっては

「あんたに高い服は似合わないみたい」みたいなこと仰ってました

つーことはあれか?あんた等SV様や外資様のような高給取りが
ハイブランドの服を買えるのは至極当然の出来事であるが
俺のような100円ショップのしがない安月給の時給労働者は
しまむらやユニクロとかの身分相応な格好をしろってことですかい?

「100均ギャップくらいわかるよバカヤロー!!」

身分不相応って解ってるけどなあ耽美な格好してーんだよコノヤロー!!
日本の銃規制が緩かったら大事なブラザー2人の脳天に風穴空いてるとこだぞバカヤロー!

さて、取り乱しましたが話を本筋に戻します

まあそのシャツは2つとも長袖だったんで
このクソ暑い中着ていったとしてもなんだか無理して着ている感があり
暑苦しく見えてお耽美道に反します

なのでジャコメッティの半そでシャツを羽織ることにしました

しかしこれだけではお耽美な感じは出しにくいので
首にはドルチェ&ガッバーナのネックレスをぶら下げて
腕にはフランクミューラー(笑)の時計を身に着けました

さあこれで完璧と、いざそいつの元に向かい久方ぶりの再会を遂げたのですが
なんだか様子がおかしい

もともとそんなに明るい性格ではなかったのですが
なんか覇気がないっつーか常に伏し目がちっつーかとにかく暗い感じだったんすよね

そんな余裕がなさそうな雰囲気だったからか
俺様の華麗なる変身ぶりにさほどの興味も示さない・・・・・

「会ってないときって何やってたんだよ?」なんて他愛のない会話を繰り広げながら
さりげなく胸を突き出してドルチェ&ガッバーナのネックレスを強調したり
「今何時だ?」なんて言いながら何回もフランクミューラー(笑)で時間を確認したりしたが
相変わらずそいつは伏し目がちでボソボソ喋るだけ

もうね、頭きたんでね

「そういやまだあいつと遊んでるの?あいつの名前なんつったっけ?
 ドルチェ&ガッバーナじゃねえ、ジャコメッテイでもなくて
 フランクミューラーだっけ?」

なんて強引な会話で気づかせてやろうかとも思いましたがアホっぽいんでやめました

3時間ほど話し込んだあと
それまで終始暗そうな雰囲気で話していたそいつが
急に意を決したかのような顔をしてこっちを向いたんで
おいおいやっと気づいたんかよと思ったら

「金貸してくれ!!」だって

こうなると今までのハイブランドアピールが見事に裏目に出てしまいます
だけども僕は力いっぱい言いましたよ

「金なら無い!!」ってね

したらそいつはまたもや覇気の無いモードに突入して

「そうだよな・・・数年ぶりに会っていきなり金貸せって言われても無理だよな・・・
 俺だったら貸さないもんな・・・・非常識なこと言ってすまなかった・・・」

なんて伏し目がちでボソボソと喋り始めたのですが

いいか!テメーにひとつ教えといてやる!!
このテリトリーにおいて非常識なことはそこじゃあねえ
テメーのやっちまったもっとも非常識なことは

「お耽美に生まれ変わった俺を褒め称えないことだ!!」

まあ今回に限ってはそいつの価値観の無さに助けられましたけどね
だってそいつがある程度ブランドを把握していて

「コーイズミータンビシャス!!」なんて褒められちゃったら
調子乗って結構なお金貸しちゃってたっぽいもん

しかしまあ冷静に考えてみたら
4~5年ぶりに会って金貸せってのもすげー話だよな

板橋っつーか周りの奴らってのは本当こんなんばっかり

やれやれだぜ
[PR]
by yakumoMkII | 2010-07-09 02:20 | 板橋