『悪魔に赦しを乞え』


by yakumoMkII
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

辞世の書 信愛Ⅱ

俺の目論見は見事に的中した
ビデオ屋の仕事ってのはアホみたいに楽だった

ただ一つだけ気になる点ってのがあって
実はシンアイの面接には俺ともう一人
地元の友達と2人で受けに行ったのだ

その後、友達に受かりましたという電話があったらしいが
そいつは他のやりたかった仕事に受かっていたので
丁重にお断りをしたらしい

で、どうも話を聞く限りでは
どうやら俺に採用の電話がかかってきたタイミングってのが
そいつが断った後みたいでね

もし、そいつが断らなかったら
俺はシンアイで働いていなかったのかもしれない

って、ちょっと待て
つーことはあれか
シンアイさんでは俺よりもあの野郎の方が戦力になるとでも
判断したのか?

ふざけるなよ!!
その時点で俺には社会人経験もあるし
サービス業でのバイト経験も数知れずだぞ!?
そんな俺よりも、あのろくに仕事経験もねー
ド糞フリーターの方が仕事が出来そうに見えたんか?あー!?

バカじゃねーのか!?このド低脳野郎が!!

てめーらの認めた
あのピザ野郎共々地獄に落ちやがれ!!クサレ外道が!!!

なーんてね
冗談ですよ。冗・談

そもそも友達の悪口を言うなんて俺のキャラに似合いませんし
ね?テケレツ君

まあ、シンアイで働き始めて最初の一ヶ月は
とても真面目に働いてましたよ

空いたシフトに積極的に入ったり
どうすれば来店されたお客様に満足してもらえるかを
日々、色々と考えては提案したりとかね

しかし、一ヶ月を少し過ぎたあたりに
俺よりも前に入っていたバイトの人が辞めてしまうので
新しく募集をかけたんですよ

その時丁度、俺がいる時間帯に
「バイトの募集を見たんですが」って
わけー兄ちゃんが来たんですが、これがまた酷い

耳にはでっけーピアスをして
格好もなんか「若さを前面に押し出しましたー」
みてーな、くっせー格好して

髪型なんざ
緑色でツンツンしたスパイクヘアーって
まるで量産型ザクの左肩みたいなんですよ

どうせ話し方も痴呆みたいなんだろうなと思っていたのですが
意外にも丁寧な喋り口だったんで

「いやー、その髪型
 格好良いっすねーーー」

なんて口走ってしまったが
もし俺が承太郎だったら

「よく見たら、やれやれ趣味の悪い髪型だったな……
 だが、そんなことはもう気にする必要はないか…
 もっと趣味が悪くなるんだからな……顔面の形の方が……」

間違いなくそう言ってぶん殴ってましたね

「店長の方に伝えておきますので」

俺がそう伝えると
そのザクの左肩は

「お願いします。」なんて言って帰っていきやがりました

一応、店長に伝えたのだが

あの客を、いや客だけじゃない
全てをなめくさったような髪型と
むかつくほどに自己主張されたでっけーピアスに
余裕ぶっこいた服のセンスをしてるような奴が
万が一にも受かるはずねーだろうと思ってましたよ

そもそもああいう爽やかなやつに
シンアイというくすんだドブネズミ色は似合わねーんだよ
変にシンアイという色をライトブルーとかに変えようとかされたら
うざってーしね

ところがそれから3日後くらいだろうか
俺がいつものように出勤をして仕事をしようとしたら店長が

「今日から新しく入ったタカシーノ君
 八雲君と同じ時間帯に入るから色々と教えてあげてね」

そう言って新人を紹介してくれたのだが
そいつをみて愕然としてしまった・・・・・・

何とその新人とは、あのうざそうなクソ大学生だったのだ!!!!

店長、気は確かか?気でもふれたのか!?

何を考えてこんな奴を採用したんだ!?

まあいい、どうせ軽薄そうな奴じゃないか
くだらねー理由とかですぐに辞めるだろう
もし、こいつが居続けようとしたとしても
周りの奴らと結託をして辞めさせる方向に持ってきゃーいいだけの話だ

いいか、これだけは覚えておけ・・・・・
 
「シンアイにはてめーのようなやつは無用だ」

そう心に思いながら
とても穏やかな表情でニコっと笑って

「よろしくね」

そう言って握手を求めました

八雲、20代前半 

タカシーノ、10代後半の夏の出来事でした
[PR]
by yakumoMkII | 2007-08-31 07:53 | 短編小説

辞世の書 信愛

今思うと俺の人生は途中までレールに乗っていたのかもしれない

小中と義務教育を普通に果たし
高校は親と教師に薦められるままに道なりに決め
その後はこれ以上勉強をしたくなかったので
就職をすることにしたのだが
就職先もまた教師に薦められるままに
スーパーでのブッチャー(肉を切る人)という職に就いた

何故ブッチャーになったかというと進路指導の教師が
「スーパーで社員になりたければ
 精肉や鮮魚とかの誰もやりたがらん仕事を希望すれば
 受かりやすいぞ」というあんまり有難くない助言をそのまま聞き入れ

面接で「精肉に興味があります」という
良く考えたら危なそうな発言をして
見事にスーパーでの社員の座を勝ち取ったのだ

その後、2年間頑張り続けたのだが
持病である「仕事をしたくない病」が重度にまで陥ってしまったので

ある日突然店長に
「今やってることは俺のやりたいことじゃないので辞めます」
そう発言してしまった

その言葉を聞いた店長は
「辞めるのは構わないのだが
 キミのやりたいことってのは何なのか
 差支えが無ければ教えてくれたまえ」

そう上からの目線で威圧するかのように問われたために
少しムカついたので

「ゲーム」

それだけ答えました

まあまだ二十歳そこそこだったし青かったんだね

これは余談なんですが
俺の親戚ですげー太ってる人がいるんだけど
その人が一時期だけ激痩せしてスリムだったときがあったそうなんですよ

その時期ってのが元々この人は岩手の人なんだけど
東京に上京をしてきて就職をしたのだが
その就職先があまりにもきつかったために
神経をやられてしまったらしく
それでメシもろくに食えずどんどんと痩せ細っていったらしいんだよね

「そんなクソみたいな会社は潰れちまえばいいんだよ
 で?何て会社よ?」

そう太った親戚に尋ねてみると
俺が働いていたスーパーと一緒でした

ね?辞めて正解だったでしょ?

その後、この当時はニートという言葉自体が存在しなかったが
常に時代の最先端を行く俺は計らずともニートとなってしまった

社員として働いていたときの貯蓄があったために
半年ほど遊び歩いてました

正直ゲームだけやってれば
もうちょっと遊べたのかもしれんけど
この当時の俺はギャンブルが大好きだったんで
競馬やパチンコにも手を出していたために
僅か半年で貯蓄が底をついてしまったんだよね

あと、親が食費を払え払えって五月蝿いんだよ
そんでしょうがないから働いてないのに
毎月6万円を家に入れてたんだよ
収入の無い人間から現金を強奪するって
お前らは将軍様か!!って声を大にして言いたかったよね
この出費も結構でかかったな

最終的には金が無くなっても働かずにいたために
親からの借金が中々の額になってしまっていた
これもあくまで金を貸すというスタンスを貫き通した親が悪い
言い方を変えれば全ては丸く収まるのにね
お小遣いをあげるとか

そんで「もう働かなきゃしょうがねー!!」なんて思い
出来るだけ楽な仕事を探し続けていた

ちょっと前に同じような状況に見舞われ
楽で収入がそこそこの仕事を探していると友人に伝えたところ

「選り好みしてる場合かっ!!!!」

そう喝を入れられたときが御座いましたよ
何か俺ってあのときとあんまり変わってないっぽいなあ

そして探しに探して熟考を重ねた結果
今や伝説とも言えるあのシンアイビデオに
見事バイトとして雇ってもらえることに成功した

その後、運命のいたずらなのか
シンアイで今やアメ公の手先となって冷酷さや非情さを増すことにより
聞いた相手が自殺寸前にまで追い込まれると言われる
ブラックジョークにさらに磨きをかけたあの外資系エリート

タカシーノ御大と相見えることとなる
[PR]
by yakumoMkII | 2007-08-27 07:36 | 短編小説

辞世の書

まいった・・・・・

最近は仕事とモンハンのみの生活を送っているために
何も書くことが無いのである

それなりの収入を得て
それなりに好きなことをやっていると
心も穏やかになっていくのか
昔ほど世を儚むことが無くなりました

ニートをやっていたときなど
誰が俺を殺してくれようか
この負の連鎖を断ち切る者は現れるのか?
そう願ったりしている自分がいました

だけど今は違う
まずニートでは無いし
お金もこれからどんどん貯まっていくだろうし
ゲームも仕事が終わったあとの空いた時間や
休みにまとめてやればいいし
とても充実した日々を過ごせているなあ

そんな風に考えていた時期が俺にもありました

充実?今の生活が充実だって?

誰がそんなことを決めたんだ!?

俺か!?俺がそう言ってたのか?

例えば明日になって
そこら辺で路傍の石のように冷たくなっていたとしたら

「我が生涯に一片の悔いなし」

そう天に拳を突き上げて言い切れるのか!?

今でこそ生産的な行為と非生産的な行為を繰り返しているが

俺の人生の比重においては
非生産的な行為のほうが生産的な行為を遥かに凌駕している
別にそれを悔やむ気持ちなんざ
さらさら無いんだが

もしかしたら
人生のどこかでボタンを掛け違えていたのかもしれない

もしまっとうな道を歩んでいたら
俺はどんな人生を送っていたのだろうか

そもそもどこで人生の意味を履き違えていたのだろうか?

だがそれについては2つのキーワードが思い浮かぶ

「シンアイ」

それと

「難民」

この2つだ

どうもこれらに絡んだおかげで
俺の人生はどんどんとレールを外れて行き
今ではニートと人間の中間の生命体となり
永遠に空想空間をさまようはめになっている気がする

しかし!そうでは無い気もする

そして、それが良かったのかも
悪かったのかかも解らない

だが!
ただ一つ真実を追究するならば
「楽しかった」
これに尽きる

最終的にそういった結論に落ち着くならば
充実していた人生を送れたのかもしれない

明日の我が身はどうなっているのか解らない

だからこそ
自分の人生において大きな指針となった
「シンアイ」と「難民」
この2つについての過去を次回より紐解こうかと思う

ここで一つ注意しておきたいのだが

俺は物語や作品を一定のクオリティーに仕上げるには
ある程度の誇大解釈や
言論の差し替えなどは致し方ないと思っている

なので今から釘を刺しておくのだが
ここで事実と違うことを書かれたとしても
決して怒ってはいけません
常にガンジス川の水のごとく
清らかな心を持って接してもらいたいと切に願います

俺の周りにはそんな狭い心の持ち主はいないとは思うのだが
一応、念のためにね

さて、それでは次回はいつになることやら

続くかァ~~ 続くかァ~~ 八雲! 続・くゥ・カァ
[PR]
by yakumoMkII | 2007-08-24 07:36 | 短編小説